庭チャンネル&藤岡先生監修FAQ 教えて!藤岡先生! よくあるお悩みにガーデンコンサルタントの藤岡先生がお答えいたします!いままで解決しなかった問題困りごとはこちらから

2016.04.12

ミヤマオダマキ

オダマキ

科名:キンポウゲ科 属名:オダマキ属
和名:山苧環 学名:Aquilegia buergeriana

深山の林縁など日当たりのよい場所に自生する多年草です。鎮痛、消炎作用があるとされます。名前の由来は、篗糸巻に糸を巻いた状態に似ていることから、イトクリソウなどと呼ばれていましたが、緒手巻に転訛して、オダマキになったそうです。

苧環のお話

「いにしえの しずのおだまき 繰り返し むかしを今に なすよしもがな」

伊勢物語に出てくるこの歌は、昔のようにあなたに会いたいです。と言う場面に出てきます。しずは「賤」と書き質素な布のことです、苧環は糸を巻いたもので繰り返しの枕詞として使われており、花を表してはいません。

また、古今集に「いにしえの しずのおだまき いやしきも よきも さかえは ありしものなり」とあり、今は卑しい人にも栄えて良い時があるのです。良い事ばかりではなく悪い事も廻ってくる。と言う意味の歌があります。これを受けて静御前が、「しずやしず しずのおだまき 繰り返し むかしを今に なすよしもがな」と頼朝の前で歌います。義経さまもう一度会いたい…頼朝さま良い日ばかりでは御座いませんよ…とでも訳すと劇的なシーンに思いを馳せることができますね。

オダマキの花を見て静御前の悲しい恋に思いを馳せる…自分に酔って見てはいかがですか。

田丸先生

最新記事

カテゴリー

TOPへ戻る