庭チャンネル&藤岡先生監修FAQ 教えて!藤岡先生! よくあるお悩みにガーデンコンサルタントの藤岡先生がお答えいたします!いままで解決しなかった問題困りごとはこちらから

2017.01.07

【節句のお話】1月7日 人日(じんじつ)

七草がゆを食べることから七草の節句ともいう。
七草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・すずな・すずしろ・仏の座)・七草粥

七草のお話し

人日とは、中国で元日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来し”人を占う日”という意味です。さらに唐の時代には、人日の日に「七種菜羹」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災や立身出世を願うようになりました。この風習が奈良時代に日本へ伝わると、年のはじめに若菜を摘んで食べ生命力をいただく「若草摘み」や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」などと結びつき、「七草粥」になりました。江戸時代に五節句として一般に広がりました。現代ではお正月の華燭で傷んだ胃腸を癒す身近な行事として親しまれています。七草粥には、セリ、ナズナは花芽を持つ前の若芽を、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナとスズシロは葉の部分を、利用します。

田丸先生

最新記事

カテゴリー

TOPへ戻る