ワクワクする春のガーデンと管理

肩をすくめて歩いた冬が終わり、芽吹きの春になります。樹木の芽吹きだけではなく、宿根草の株元にも新しい芽が頭をもたげています。

ワクワクする春のガーデン
芽吹きから開花までガーデンが日に日に美しく変化します。初夏に咲く宿根草の中で、お勧めしたいのがカンパニュラ、ジキタリス、サルビア、デルフィニューム、アガパンサスなどです。カンパニュラは種類も豊富で、高さや花の大きさもさまざまです。
ガーデンのアクセントにしても主役にしても素敵です。

ジキタリスは、花の高さや着き方が特徴的で個性的な脇役になりえます。サルビアの仲間は育てやすく香りのあるものや、花期の長いものもあるのでアクセントになり演出しやすいです。デルフィニュームは大株に仕立てて、ゴージャスに演出すると立派な初夏のガーデンでの主役です。

SP3-225x300

ジキタリス

SP4-300x200

鮮やかな青が美しいサルビア

立体的で花色も多く演出しやすいこれらの宿根草は、近年特に人気があり、さまざまな園芸品種がおしゃれなガーデンを彩ってくれます。比較的多くの園芸品種が販売され、演出や育成がしやすいものが多く、地域の気候や特性に合ったものが選びやすいことも人気が出ている理由です。

この時期に芽吹き始めた植物には、肥料ではなく活力剤を適量与えます。植物が大きく育つ前のタイムリーな瞬間に与えるのがポイントです。活力剤には肥料に含まれる養分の吸収を助けたり、成長を始めようとするのを助ける働きがあります。活力剤の中でも鉄分(Fe)やカルシウム(Ca)を含んだものが根の成長や新芽の展開に効果があります。春の芽吹きを楽しんだ後は、肥料を施す前に活力剤を与えます。肥料はその後、植物がすくすくと育つ時期に施します。

SP1-768x1024

宿根草はローズガーデンの渋い脇役

SP2-768x1024

ジキタリスの存在が、ガーデンをゴージャスに

SP5-768x1024

サルビアはボリューム感のある演出ができる

TOPへ戻る