チューリップの種類

チューリップの種類には、大きく分けて早咲き種、中生咲き種、遅咲き種の3種類があります。それぞれの開花時期や色彩、大きさを把握しておくと、チューリップの美しさを長く楽しめます。

チューリップの種類を覚えよう

開花時期によって、早咲き種、中生咲き種、遅咲き種に分けられます。

チューリップは秋に植え付け、翌春から初夏にかけて開花します。花壇だけでなく、プランターや鉢植えでも咲かせることができるのでガーデンのポイントにもなります。色彩が鮮やかなものが多いので、色の組み合わせをよく考えて植えるとよりチューリップの美しさを楽しむことができます。
チューリップを楽しむためにはまず、開花時期、色彩、大きさを把握する必要があります。購入する際に、しっかりとチェックしておきましょう。せっかく植え付けても開花時期がずれてしまったりすると楽しみが半減してしまうことになります。

チューリップ、ヒヤシンス、スイセンなど約4000種類、数百万本の球根花が林床に植え付けられた、春らしい色彩と香りあふれるキューケンホフ公園(オランダ) チューリップ、ヒヤシンス、スイセンなど約4000種類、数百万本の球根花が林床に植え付けられた、春らしい色彩と香りあふれるキューケンホフ公園(オランダ)

チューリップの種類 早咲き種

チューリップの種類 中生咲き種

チューリップの種類 遅咲き種

チューリップの植え付けテクニック

コンビネーション植え その1 白花と同系色のチューリップをミックスで植えこむ。 コンビネーション植え その1
白花と同系色のチューリップをミックスで植えこむ。

コンビネーション植え その2 色彩の異なる品種をコントラストをつけて植えこむ。 コンビネーション植え その2
色彩の異なる品種をコントラストをつけて植えこむ。

ダブルデッカー植え 高さの異なる品種を植えて高低差をつける。 ダブルデッカー植え
高さの異なる品種を植えて高低差をつける。

TOPへ戻る