相談をする

夏の暑さのダメージを軽減させる方法

あんな さん 2018.10.06

夏が暑すぎたのか、鉢植えの植物にあまり元気がありませんでした。対策を教えてください。

1 回答

庭チャンネル事務局 スタッフ 2018.10.06

今年は本当に暑い夏でした。
ガーデナーの皆さんにとっても、とくに過酷な庭作業になりましたね。
それは、植物にとっても同じこと。
温度変化についていけず、疲れてしまった植物もあったと思います。
まず、水やりは、暑い時間を避け、朝方か夕方にやります。
暑い日中より、涼しい時間帯のほうが水を吸いやすいです。
日射しが強すぎる場合は、よしずで日射しを遮ったり、木陰にプランターを移動させたりしましょう。
また、プランターは鉢にひと回りからふた回りくらい大きい鉢を重ねて、二重鉢にするのもよいでしょう。
鉢と鉢の間に土などを入れて断熱効果を高めるのも◎。
二重鉢は、鉢カバーのつもりでデザインを楽しんでみるのもOK。
また、コンクリートの照り返しも、暑さの原因です。
花台や花台のかわりにレンガなどを並べて、プランターを置くと暑さから植物を守ることができます。
小さなプランターは、いくつか箱に並べて花台に置いても素敵ですね。

#1

回答するにはログインしてください。または こちらから会員登録 をしてください。

TOPへ戻る