相談をする

お月見の風習

回答済み
公開
ONODA さん 2018.11.06

お月見のとき、ススキを飾るのはなぜですか?

1 回答

庭チャンネル事務局 スタッフ 2018.11.06

夏が終わり、涼しい風が吹きはじめると月が美しく見える秋が訪れます。
お月見は、十五夜、中秋の名月と呼ばれ、古くは平安時代から行われ、
収穫に感謝するために開かれていました。
しかし、稲刈りより早いタイミングで行われるため、ススキをイネに見立て、
飾られるようになったといわれています。
また、ススキは、魔除けの力があると考えられていました。
無病息災を願って軒先飾られたりもしていたんですよ。
さらに、神様の依り代として飾るという役割もあったようです。
ちなみに、お月見は、旧暦の8月15日に行われていました。
旧暦と現在の暦では数え方がちがうため、いまは、毎年同じ日にお月見が行われるわけではありません。
毎年、9月の下旬~10月の上旬にお月見の日がやってきます。
ですから、必ずしも満月の日にお月見をするというわけではないのです。

#1

回答するにはログインしてください。または こちらから会員登録 をしてください。

TOPへ戻る