相談をする

ラッカセイが実る仕組み

あんな さん 7 日 前

ラッカセイが土のなかに実をつけているのが不思議です。花後にタネをつけないんでしょうか?

1 回答

庭チャンネル事務局 スタッフ 7 日 前

マメ科ラッカセイ属のラッカセイ。
ソラマメやダイズなど、たしかにほかのマメ科の植物は、茎の先にマメを実らせています。
しかし、ラッカセイは、地中にマメを実らせるという、ちょっと変わった生長の仕方をします。
ラッカセイは、朝早くに黄色い花を咲かせ、昼には花はしぼんでしまいます。
花が咲く前に、自分の花粉をめしべに付けて、自家受粉をします。
受粉後、数日すると、花の付け根のほうにある子房柄がグングンと土に向かって下向きに伸びはじめ、
ついには土中に突き刺さります。
深さ3~5㎝ぐらい刺さると、土の中で膨らみ、さやをつくり、そのなかでマメが育ちます。
ちなみに、ラッカセイは漢字で「落花生」と書きます。
花を落とした土の中にさやをつくり、実をつけるように見えるため、その名がついたそうです。

#1

回答するにはログインしてください。または こちらから会員登録 をしてください。

TOPへ戻る