相談をする

ミニトマトの脇芽

パ〜ゴラ さん 2017.06.15

ミニトマトの脇芽を摘まないでいるとどうなるの?

1 回答

庭チャンネル事務局 スタッフ 2017.06.15

家庭菜園の定番であるミニトマト。
育てるときには、主幹と葉の間から伸びる脇芽をかいて、一本立てに仕立てましょうと言われます。
もし脇芽を摘まず、そのまま育てていると、グングン大きくなって主幹と同じように葉を茂らせ、花を咲かせて実をつけます。
一見収穫量が上がって良いように思えますが、混みすぎた葉や枝は風通しを悪くして病害虫の発生の原因になることも。
また、栄養が分散してしまい、実付きや実の成長が悪くなってしまうことがあります。
そのため、家庭菜園では一本立てでの栽培を基本とすることが多いのです。
主幹のほかに脇芽を一本育てた二本立てや、脇芽を二本育てた三本立てなどの栽培法もあり、これらの方法はうまく使うと一本立ての1.5倍ほどの収穫も見込めます。

ミニトマトの脇芽をかいていると、時々大きく育った脇芽に出合うことがあります。
そんな脇芽は再利用してみると良いかもしれません。
実は、ミニトマトの脇芽は挿し木として利用可能。
ある程度育った脇芽があれば、水に挿したり、挿し木用の用土に植えるなどして発根を促して、根が出たら培養土に植えるだけ。
うまく根付けば、シーズン中に収穫ができます。
ただし、挿し木ができる大きさまで脇芽を育ててしまうと、株にとっては負担にもなるのでほどほどに試しましょう。

#1

回答するにはログインしてください。または こちらから会員登録 をしてください。

TOPへ戻る