2017.02.18

【節季のお話】2月18日 立春(雪が雨に変わり、氷が融けて水になる。「氷雪融け雨水温む」)

2月18日 立春 雪が雨に変わり、氷が融けて水になる。 「氷雪融け雨水温む」

2017.02.04

【節季のお話】2月4日 雨水(春の始まり。「春の気始めて立つ」)

2月4日 雨水 春の始まり。「春の気始めて立つ」

2017.01.05

【節季のお話】1月5日 小寒(寒の入り。寒さがましてくる)

1月5日 小寒 寒の入り。寒さがましてくる。

2016.12.22

【節季のお話】12月22日 冬至(昼間の時間が最も短い)

12月22日  冬至 昼間の時間が最も短い。立冬と立春の真中。

2016.12.07

【節季のお話】12月7日 大雪(雪が降り積もる)

12月7日 大雪 雪が降り積もる。

2016.11.22

【節季のお話】11月22日 小雪(雨が雪になって降る)

小雪(しょうせつ)は、二十四節気の第20。 雨が雪になって降る。

2016.11.07

【節季のお話】11月7日 立冬(冬が始まる)

冬が始まる。

2016.10.23

【節季のお話】10月23日 霜降(霜が降りるほどに寒くなる)

霜が降りるほどに寒くなる。

2016.10.08

【節季のお話】10月8日 寒露(露が寒さで凍ろうとする)

露が寒さで凍ろうとする。

2016.09.07

【節季のお話】9月7日 白露(秋の気配が深まり、露の量も多くなる)

秋の気配が深まり、露の量も多くなる。

2016.08.23

【節季のお話】8月23日 処暑(暑さが終わる)

暑さが終わる。暑さが峠を越えて後退し始める頃とされています。

2016.08.07

【節季のお話】8月7日 立秋(秋が始まる)

秋が始まる。初めて秋の気配が表われてくる頃とされています。

2016.07.23

【節季のお話】7月23日 大暑(暑さが最高になる)

暑さが本格的になります。家々では夕方に水を打ち、涼を呼び込みます。近頃の「水」のイベントもこの日位から行われています。夜祭・花火も暑い日中を避けるこの頃の行事です。

2016.07.07

【節季のお話】7月7日 小暑(梅雨が明ける)

この頃に梅雨が明けて本格的な暑さがやって来るとされています。衣服や部屋の設えは夏の用品に替えます。涼を呼ぶ日本の知恵の一部を垣間見ることが出来る時期でもあります。

2016.06.21

【節季のお話】6月21日 夏至

昼間の時間が一番長くなる日です。

2016.06.05

【節季のお話】6月5日 芒種

雑穀の種まきをする時期を示します。各地で田植えが始まる時期に入ります。梅雨めいてくるとも言われています。

2016.05.20

【節季のお話】5月20日 小満

植物が育ち茂る。「麦生日」と呼ばれ晴天であれば麦がよく熟するといわれている時期です。 陽気もよくなり、草木なども次第に生い茂ってくる季節。麦が穂をつけ、農家では田に苗を植える準備などを始めます。

2016.05.05

【節季のお話】5月5日 立夏

この日から立秋の前日までが、暦の上での夏です。山々に緑が目立ち始め、夏の気配を感じ始める頃。「夏立つ」「夏来る」とも言います。夏の気配が感じられるようになる頃とされますが、八十八夜の3~4日後に立夏を迎えます。北の大地で...

2016.04.20

【節季のお話】4月20日 穀雨

穀物を育てる雨が降り、芽を出させるという意味。「百穀春雨に潤う」田畑の準備が整い柔らかな春の雨が降ると、植物が大きく順調に育っていく恵みの雨が降る季節です。春の雨にはいろいろな名前が付いています。 春雨・・・・・・・柔ら...

2016.04.05

【節季のお話】4月5日 清明

清浄明潔の略といわれ、意味は「清く清潔で明るい」とても気持ちの良い事を表しています。唐の詩に「草木清明 風光明媚」と歌った一節だけが独り歩きしているのでしょうか…南東風が吹く春のよい季節。草木の芽がでる素敵な季節を指しま...

最新記事

カテゴリー

TOPへ戻る